強度バツグンのインプラントならどんなものでも食べられる

先生

保険適用かそうでないか

インプラント

費用が大きな違い

歯をさまざまな理由で失ったときには噛み合わせの維持のために、抜けた部分に代わりの歯を入れる必要があります。その方法としてインプラントや入れ歯が挙げられます。歯が抜けた部分に代わりの歯を取り付けるもので、抜けた部分の両サイドの歯を活用するなどして固定します。入れ歯は長い歴史があり、さまざまな症例にも対応することができます。治療についても保険適用となる場合が多いです。デメリットとしてはしっかりと固定できていないので食べるときに違和感を感じることがあることです。また、固い食べ物をしっかりと噛むことが難しいことが挙げられます。一方でインプラント治療は歯を失った部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込んで固定させて、それを土台として人工の歯を取り付けるというものです。メリットは安定性が挙げられます。あごの骨に固定しているので食べ物を噛むときも違和感なく噛むことができます。また、周囲の歯に合わせて人工の歯を製作するので、違和感ない仕上がりになるので周囲に気づかれにくいということが挙げられます。インプラント治療のデメリットは価格です。インプラント治療は基本的に自由診療であることから価格について全額自己負担となります。治療を行う場所が増えればもちろん価格も高くなります。また、インプラント治療では、取り付ける人工の歯の素材を選択することができます。その組み合わせによっても価格は変動するので事前の治療費よりも高くなることもあります。