強度バツグンのインプラントならどんなものでも食べられる

歯型

一回法と二回法の違い

歯

違いは骨量の差

インプラントの施術方法は一回法と二回法のどちらかになります。一回法では外科手術が一回で済みますが、二回法では外科手術は二回にわたり行われます。なぜ一回法と二回法にわかれるのか、それは基本的に骨量の違いに合わせて施術方法が選択されるからです。逗子の歯科医院でインプラントの施術を受ける場合も、施術方法は一回法か二回法のどちらかになります。一回法では、まず局部麻酔を打ち、麻酔が効いている間にドリルであごの骨を削ります。その後インプラントのヘッドを露出させたまま埋め込み、歯肉が整ったところでアバットメントを取り付ければ施術は終了です。二回法では、インプラントを埋め込む時、露出させることなく完全に歯肉で覆います。インプラントが定着したところで二次手術によりヘッドを露出させ、そこにアバットメントを取り付けます。二回法は一回法より患者の負担が大きくなりますが、一度歯肉で覆い治癒期間を置くことで骨量が少ない場合でも適用することが可能です。また、十分な治癒期間を設けることで感染症のリスクを低減することもできます。逗子の歯科医院では、一回法と二回法どちらも受けることができますが、どちらか一方ではなく両方柔軟に対応してくれる医院を選ぶことをおすすめします。骨量が十分あれば負担の少ない一回法は魅力的ですが、骨量が少ない場合一回法では成功率が下がる可能性があるからです。逗子には、歯科用CTなどの医療機器やクリーンルームを完備している歯科医院もあります。逗子でインプラントを受けるなら、どのような施術法があるのか丁寧に説明してくれる医院を選びましょう。

数が多く選択肢が広い

治療室

尼崎にはたくさんの歯科があります。選択肢が多いことはうれしいことですがどの歯科を選べば良いのか迷うところです。選び方のポイントとしてはアクセスの良さと評判の良さがあげられますが、最終的には自分で通ってみて判断することをおすすめします。

読んでみよう

保険適用かそうでないか

インプラント

入れ歯とインプラント治療の違いのひとつは価格です。入れ歯の場合は治療方法が確立されていることに加えて保険適用となります。しかしながらインプラント治療は保険適用とはならないので、医療費が高額になるということです。

読んでみよう

歯科クリニックの選び方

医療器具

これまで、そしてこれからの歯のケア次第で年齢を重ねた時いかに健康的な歯が残っているかが決まります。にさいたま市には評判の良い歯科クリニックがたくさんありますので、一生ものの歯と健康に付き合っていくためにもしっかりとカウンセリングし歯の治療を行ってくれる歯科医を選ぶことが大切です。

読んでみよう